ご挨拶
  

 
 

医療法人 至誠会
滝澤病院 理事長
獨協医科大学名誉学長・名誉教授
大森健一

 

 
 
 
 この度は私共の滝澤病院ホームページをご覧頂きありがとうございます。
 当院は栃木県でも三番目に長い歴史を持つ精神科病院でして、お蔭様で今年で創立80周年を迎えることができました。開院以来、職員一同、心病む方々、ご家族の皆様のお役に立つようにと努力してまいりましたが、長年にわたってこのような活動が出来たのも、多くの方々のお力添えがあったからと感謝しております。現在、患者様が安心して受診できる雰囲気を追求しつつ、精神科外来診療、デイケア活動に加えて、精神科入院病床210床とグループホーム「英」を運営しております。
 当院におきましては、特に医師、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、薬剤師、栄養士、あるいは事務職などの多職種の職員が連携して、さまざまな苦悩を抱えられた皆様の治療に当たることを重要視しております。それにより、気分障害(うつ病・躁うつ病)、神経症、統合失調症、適応障害あるいは認知症などの病を持った方々が地域社会で安心してお暮しできるよう、お役に立ちたいと努力しております。
 また本院は獨協医科大学、自治医科大学、日本医科大学などの精神科関連病院としてお認めいただいており、さらに地域の精神科以外の医療機関との連携医療にも力を入れております。
 これからも、さまざまな苦悩を抱えられた方々、あるいはご家族の皆様のお役に立つべく、基本的人権を尊重したうえで、安全かつ良質な医療を提供すべく、豊かな人間愛を基盤にして、良き病院づくりに邁進いたします。よろしくお願いします。